FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末とくべつへん プナカ

 25,2012 20:01

この間の日曜日
久しぶりにプナカまで足を伸ばしました。

初めて来たのは2011年の2月の王様のお誕生日。
そのときの様子はこちら←クリック

それから、なんどか訪れましたが、今日は初の試み『プナカで棚田を見る』という目的でやって参りました。

いつもお世話になっている専門家のNさんにお招き頂きました。

メンバーは専門家Nさん、同期のKさん、そして私です。

実は今回集まってわかったことなんですが、この3人全員が獅子座生まれ。

棚田が見えるベストスポットと言われるナムゲイチョルテンまで獅子の如く果敢に山登りにトライしました。
といっても、麓から30分もしないうちに着いちゃうのでかるいハイキングです。

着いたチョルテンは五代国王のお母様が国王の健やかな成長を祈って建立されたそうです。


写真斜めになってます。

さっそく中に入らせて頂きました。

わりと最近建てられたとあって中も綺麗です。

入ってすぐに目の前に現れるのが立体曼陀羅。

チベット仏教の世界が3Dになっています。(中は写真撮影出来ません)

そして
どんどんと階段を上がって上の階へ。

一階上がるたびに仏間になっています。

そしてさらに上へ

仏間がなくなったその先は。

階段の天井に鉄の扉。

案内してくれたお坊さんがガラガラガラと開けてくださいました。

そして
扉の向こうに上がると



棚田さんの登場です。

「今日の目的はここに上がること☆」とNさん。

いや~素晴らしい景色!!!

パロの棚田もすっごく素敵ですがこちらの棚田もとてもいい味出しております◎

プナカの亜熱帯の空気がバリ島に行ったときみたいな何とも言えないふんわり感を漂わせてくれます。

そして、霧雨が火照ったあたまにしっとりします。

遠くに見えるのはモチュ(女の川という意味)雨期で濁流が流れているのがみえます。

先月、上流の鉄砲水でこの河が氾濫して木や魚が大量に流れてきたそうです。この辺りの住人たちは魚と木の取り放題に夢中だったとか。

雨の季節はいろんなことが起こります。


そんな季節を逞しく過ごしておいしいお米が育つことを祈っています◎


プナカでの週末でした。



camarco2012BHUTAN
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。