FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母&伯母来ブ

 15,2013 03:25

「さよならするのがいやだから行きたくない」

ずっとそう言ってブータンに来たがらなかった母。

2年の任期中にブータンを訪れることはなかった。

1年の更新が決まり、一時帰国をした際、ブータンの話をたくさんし、地元の市役所で行われた活動報告会にも来てくれた。
その甲斐があったのかどうかは置いといて、

この度、

とうとう

やっとこさ?

母がブータンに来てくれた。

せっかくの機会、ブータンのありのままを見てほしくて、10日間ガイドとして一緒に過ごした。

母と一緒に来てくれた伯母は以前から「山国のブータンに行ってみたい。」と言ってくれていた。

ただ、ブータンへの旅行は少し難しく、日本の旅行代理店に頼み、添乗員付きでない場合、ブータンまでの移動は自分たちで行わなければならない。
日が落ちてしまえば飛行場が使えなくなるブータン。
最も離発着が難しい飛行場のひとつとされている。そのため、日中のみのフライトしかなく、バンコクから来る便だと早朝バンコクを発つものになる。
最近は羽田から夜の便にのってそのままバンコクで乗り換えも可能になったが、私たちが利用するのは関空。
自動的に母と伯母にバンコクの空港の外で一泊してもらうことになる。

それは
難しい。。。
きっと
難しい。。。

ということで、
わたしのタイ旅行の最終目的は彼女たちをバンコクでお出迎えし、無事にブータンにお連れすることだった。

さて、
無事にバンコクの空港で会えたのでしょうか???


旅にはハプニングが付き物!?   まさか。。。


バンコク滞在中の私の携帯にメールが。

「タイ航空のチケットの払い戻しの案内です。」と母と伯母の関空ーバンコク行きのチケットがキャンセルされたと知らせが来た。



!?



な!?


なぬ!?



なんで払い戻し!!??




もしかして、、、

なにかが家族に起こって急にバンコクに来れなくなったのか!???


OMG!!!

心配で汗がタラタラ。。。そして

「え、なんで!?なんで!?なんでなん!?」と独り言をつぶやく。。。

バンコクでランチの約束をしていたタイ人の友人に会い

「どうしよう。。。何か起こったのかも。。。」と半泣きで相談。

「一度日本に電話してみなよ」と冷静なアドバイスを受け
父親がいる日本の家に電話をかける。

「もしもし」出た!

「(かくかくしかじか〜で)何かあった!?もしかして乗れなかったの???」と聞く私。

「いや、無事に乗れたよ〜。安心しい。」と父。

「ただ、チケットの不備があったからもっかい買い直したんや〜」

え???
なんで???

「本人のクレジットカードで買ってない場合はカードの支払い明細とコピーが必要らしいんや。だから、一度キャンセルしてもっかい買い直したんや。」

そんなん聞いてないヨーーーーーーーー!!!

そう、インターネットで母と伯母のチケットを購入する際、確かに私のカードで決済をした。

他人のチケットを買う場合、必ず明細とカードのコピーが必要とのこと。

知らんかったー!!!

急いでいて同意書ちゃんと読んでいなかったのかな。。。にしても、そんな重要なこともっと大きく書いてほしい。

キャンセル料を一万円ずつ払うことに。。。勉強代か。。。

みなさん、気をつけてくださいね!

ともあれ、家族に何もなくてよかった。



斯くして、はらはらを乗り越えて無事に母と伯母がバンコクに着いたのは現地時間の3時半頃。

名前カード(空港で待っている現地ガイドがよく持っているあれ)を作成して待とうと思っていたものの、すぐに見つかって使わずじまい。

「あんたの顔のほうがいい目印や」と母にあっさり言われる。

たしかに。。。知らない人同士の出会いのツールだったのだねあれは。

ふたりは大きな荷物を持って現れました。

私が頼んだものをたくさん持ってきてくれたのだ。感謝。

それから、バンコク市内のホテルで滞在し、

無事、ブータンへ◎





村の風景。





パロのまちへ続く道。





パロゾンから町を眺めるふたりと僧侶。





タンゴ僧院への道で出会ったこ。





母と伯母と過ごした10日間。

私が大切にしているたくさんの友人を紹介できた。

ブータンのこと、好きになってもらえたかな。

来てくれてありがとう◎




camarco2013BHUTAN
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。