FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなおともだち

 06,2014 01:33

昨年10月初旬に任期を終え帰国した私ですが、10月下旬にはまた、ブータンへと再訪する予定になっていました。

はやっっっ

という声がそこかしこから聞こえてきそうです。。。笑

というのも、2013年はブータンでの協力隊事業25周年の記念すべき年で、11月に首都ティンプーで記念式典が行われることになっていたからです。

当初、帰国して一ヶ月も経たずして再来ブとは早すぎるので懐かしさもないし、行かないだろうなあと本人は思っていたのです。しかし、春頃にちょうどその時期に東ブータンでのオーガニックコットンのプロジェクトで東に行くことになるかもしれないというのがわかり、それならば、式典にも参加し、東ブータンにも行けばいいじゃないか♪とすんなり気が変わったのでした。やはり、どこまでも身軽な私。

そして、今回はなんと、25周年記念を祝して、ブータン政府より協力隊OVに招待ビザが配給されることになったのです。
※ブータンを旅行する際、通常は公定料金を支払わねばならず、自由旅行が許されていません。

そのような機会もありたくさんの元ブータン協力隊員が再来ブした25周年記念式典となりました。その模様は後日お届けしようと思います。

さて、
そんなこんなで私は、帰国から一ヶ月経たずして再来ブを果たすのですが、帰国中に日本でたくさんの友人に再会し、たくさん美味しい日本食を満喫しました。特に、母の還暦のお祝いに姉弟で計画し京都に家族旅行に行き、坂東玉三郎さんと鼓童の舞台『アマテラス』を観劇したのはとても素晴らしかったです。6年前にも同じ演目を観劇したのですが、また新しくバージョンアップされておりとっても見応えのあるものでした。
やっぱり、玉三郎さんは素晴らしい舞台人でいらっしゃいます◎

それから、とっても嬉しい再会もありました。それは、2003年に私の大学にフランスから交換留学で来ていた友人のルーシーが10年ぶりに再来日したのです。彼女とは2007年のヨーロッパ旅行(そのときの様子はこちら2007年旅行)のときにフランスで大変お世話になったのですがわたしにとっては姉のような存在の友人です。5年ぶりの再会でしたが、相変わらずかわいらしくとっても素敵な女性でした。今回は彼女のボーイフレンドが後から合流するということで京都でふたりでデートをしたり、空港まで彼をサプライズで迎えに行ったりしたのでした。またフランスに遊びに行きたいなあ。

そして、長野の協力隊の訓練所にも同期で遊びに行きました。3年ぶりに訪れましたが、新しい隊員候補生の方々が訓練をされていました。私が、大変お世話になった、ブータン事務所の元所長、調整員さんもこちらの訓練所で働いていらっしゃいました。里帰りのようで嬉しいものです。そのあと、同期の隊員と語り合いとても楽しい夜でした。皆、それぞれの任地で任期を全うした仲間なので、会っていない時間の中、以前よりも友情が増しているのが不思議な感覚でした。
仲間というのはいいものですね。

それから、8月にブータンに来てくれた従兄弟とその仲間たちとの『エマダチ会』も開かれました。ブータンが繋いでくれたご縁です。その従兄弟が、なんとも奇妙な力の持ち主で行く先々で珍事件を呼び寄せるのです。まさか、穏やかなブータンではそれはないだろう、と思っていたのですが。どっこい、やってくれました。その様子は彼のブログに書かれているのでぜひぜひ読んでみてください。若干、中毒性がある文章なのでご注意を。笑
気になる方はこちらをクリック逃走記シリーズ

さあ、そうこうしていたら、あっという間に出国の日が近づいてきました。

その前に私にはどうしても手に入れたいものがありました。

それは、


麒麟です(ええ声)




ではなくて

カメラです(ええ声)

愛用していた一眼レフをブータンの教員仲間に譲る約束をしていたので、新しく自分のカメラを手に入れたかったのです。
ですが、バージョンアップした機種というのはどれも大きい、重いものばかり。。。

いい写真は撮りたい、でもあれ以上重いのはちょっと。

ということで色々と探していたら、先に登場したルーシーが「私のボーイフレンドのカメラがとってもいいわよ」と。
そう、実はルーシーはフォトグラファーなので、カメラには詳しいのです。彼女の愛用はプロ用のドデカイものなのですが、試し撮りさせてもらった結果、やっぱり重いので私にはちょっとと言っていたのです。そして、次に薦めてくれたのが富士フイルムのX1Proという機種でした。さっそく、ルーシーのボーイフレンドのマニュに試し撮りをさせてもらったら、なんともいい感触。そして、液晶も美しく、撮った写真がそのままその場で美しく確認出来ます。早速、電気屋さんに行って、販売員さんに話を聞くと、何処の店員さんも「これはレンズが素晴らしくていいカメラです」と褒めていました。最後は自分の好みの写真が撮れそうなことが決め手になって、よしっ、購入だ!ということになりました。

買ってからの感想は、「好き」です。やっぱり、好きというのは大事ですね。

は〜しかしかなりの清水買いだったので緊張のお買い物でありました。汗

これからしばらくこの新たなお友達との付き合いが続きそうです。



というわけで、次回からはこのカメラで撮った写真を中心に旅のお話を書いて行こうと思います。



camarco2014BHUTAN◎JAPAN
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。