FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちの輝き

 13,2015 20:28

予定日がわたしの誕生日の前日だった姉の第二子。

土曜日の夜、自宅のベランダで「月がきれいだね〜」と夜空を見上げると、月の周りに虹が。
光環という幻想的な現象が起こっていたのでした。

月の光環

しばらくして、義兄から連絡が、「(病院に)入りました」と。

すぐに駆けつけるともう分娩室に居た姉。

2人目の出産でなのか思いのほか落ち着いている様子。

彼女の厚意で出産に立ち会わせてもらえることになっていました。

しばらくは談笑したりする余裕はあったものの寄せては返す波のように陣痛が起こります。

陣痛の間隔が刻々とせばまっていきます。少しずつそのときが迫っているのでしょう。

わたしの緊張も勝手に高まります。


そしてついに、

明け方、

小さくも力強い命が誕生しました!



もう、ここ数年で一番の感動です。

生まれたばかりの姪は私の瞳に神々しく光り輝いていたのです。

そして、母の偉大さを痛感しました。

あらためて命をかけて産んでくれた母に感謝の念が自然にわいてきます。

出産という大仕事、なにもかもをさらけ出して共有してくれた姉には頭が下がります。




一生忘れられない時間でした。




世の中の母親の皆様、偉大すぎます。すべての母は歴史上の偉人だと言えるでしょう。



camarco2015BHUTANandJAPAN
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。