スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'16JULYのお話

 13,2016 00:41
旅記録の合間ですが、今日は近況報告を。
先月末、京都造形芸術大学にて教員免許更新講習の講師を務めさせていただきました。
まさかのまさかり、この若輩者が講師⁈と自分でも信じられませんでしたが、僭越ながら登壇させていただきました。
しかも、当日蓋を開けてびっくり、知り合いが何人か参加者としていらっしゃって、嬉し恥ずかしオマイハーでした。なんとミヤッチョは卒業ぶりの再会!
7月には京都精華大でも協力隊関係のプレゼンをしてきたりと、何かと美大関係に縁のある月でありました。(精華大は受験ぶりやから十数年ぶりに足を踏み入れましたよ。滑り止めで受けて落ちたけど笑)
✴︎
ということで、なんだか、本当、有難い(字の如く)話でございます。
✴︎

✴︎
京造の講習会では、2時間近く持ち時間があり、先生方にブータンの美術教育の現状、及び今後の展望など、自身の修士論文にも絡めた内容になりました。いつものお話会やプレゼンよりも、より美術教育に踏み込んだ専門色の濃い内容になったのではないかと思います。参加者の先生方から色んなご質問やお話をいただき、今後の研究にも役に立てられそうな話もあり、勉強になりました。
後日、京造の先生から送っていただいたDVDを観ながら、「こんな風に話をしてたのね」と自分で振り返りを行っていました。
今までも、自分のプレゼンやお話会の映像を観たことは数回ありましたが、記録、振り返りはやはり大事だなぁと改めて思いました。新たな発見がちりばめられています。話し方ひとつ取っても聞きにくい部分があったり、意外と良い感じの部分があったり。目線の方向などもすべて。
このいただいたDVDはただの記念品ではなく、ここから文字起こしを自ら行い、立派な記録冊子(下の写真参照)を作っていただくことになるそうです。そのような丁寧なお仕事も勉強になります。

✴︎
✴︎
✴︎
今年は修士論文を書くという大きな挑戦を行っております。
✴︎
今まで全身触覚が生えたような感覚で転がりながら生きてきた自分自身、目の前に起こる現実を積み重ねミルフィーユ状に層が重なりあっておりますが、いったいこれからどうなっていくのか自分でもわかりません。
裏を返せばそれこそ望んでいたものだったのかもしれませんね。
✴︎
昨年より大学院で再び学んでいますが、新しい出会いや学びが目まぐるしく多いので、目を耳を心を広げ、しっかり吸収し、自分なりに表現していけたらと思います。
✴︎
以上、近況報告でした◎
✴︎
次回はまた旅の話をします~
Camarco2016Bhutan&Japan
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。